埼玉の鴻巣市付近でセフレを作りたいと思っていたのです。
自宅から程遠くない場所で割り切った関係を楽しめる女性がいたら日常生活は更に楽しくなるのではないか。
そんな予感がしていたのです。
合コンや街コンなどにも参加をしてみたのですが、結果は芳しいものではありませんでした。
そこで、インターネットを活用することにしたのです。

多機能SNSで知り合った24歳OL

出会い系サイトメルパラで知り合った女性。
ブログなどを見ると、なかなか家庭的で料理の写真などもよくアップロードしていました。
また、自撮り写真もいくつか掲載されていたのですが背は小さい雰囲気で童顔の可愛らしい人だったのです。
まさに自分のタイプだという事もあり、セフレ関係になることが出来たらと思うようになりました。

積極的にアプローチ

それからはかなり積極的にアプローチをしていきました。
必ずレスポンスをするようにもしていましたし、何かと理由をつけては個人メッセージなども送るようになりました。
感じよく返信をしてくれていましたし、メッセージのやり取りに関しても1日に1回は必ずやり取りをするという関係に進展していったのです。
時には、恋愛についてや好みの男性のタイプなどについても話をするようになっていきました。

連絡先交換を

やはり関係を進展させるには、個人的な連絡先をゲットしたいと思うようになったのです。
思い切って聞いてみると、ID制のものであれば連絡先は交換しても良いとのことでしたので通話アプリのIDを交換しあいました。
それからは、かなり頻繁にやり取りをするようになりました。
やはり、気軽に送信することが出来ますので「おはよう」などという簡単な挨拶も出来るのが何といっても魅力です。

会いたい雰囲気を匂わせてみる

やり取りが盛んになってからは、具体的に会いたいという事を話すようになりました。
彼女は「もう少し仲良くなってから」などという感じの答えだったのですが、前向きなものであると解釈をしていましたので、恋愛のはなしやセックスの話を振るようにしていったのです。
最初は笑って話してくれていたのですが、徐々に話題を逸らすようになっていきました。
それが今からしてみると焦燥感に繋がってしまったのかもしれません。何とか会うきっかけを作りたいとどんどん1人で具体的な方向に話をすすめてしまったのです。

今からしてみると

これが今にしてみると失敗の原因になったような気がしています。
徐々に彼女からのレスポンスも薄れてしまい、返事があっても短文で返ってくるようなことが続いてしまいました。
そして連絡そのものの頻度も落ちてしまったのです。
このままではいけない!そう感じた自分は思い切ってストレートに会いたいと言いました。
答えはノーでした。
そしてそのまま連絡を取り合わなくなってしまったのです。

もっと巧くやれていたら

焦ることなく彼女のペースや気持ちに合わせて言葉を選んでいればセフレ関係も夢ではなかったのではないかと思うと、もったいないことをしたなという思いでいっぱいです。
しかし、それを引きずっていては次に進めません。
これを良い学びとして受け止めて、次こそは理想のセフレをゲットしたい!という思いを抱いている今の自分です。
SNSばかりではなく、出会い系サイトなどにも登録をして、更にその出会い幅を広げて今では女性を探すようになっています。

キッカケが出来れば必ず成功するものではないのが男性と女性の関係性かと思います。
ですから1回の失敗で「もうだめだ」と思わずに積極的に出会いを捜し求めていくことが重要なのではないでしょうか。
もちろん、1つ1つの出会いを丁寧にという気持ちも忘れないようにしたいです。

Read more

セックスに関係するエッチな体験談がいろいろとあります。
今回は【同僚といつの間にか不倫関係になった体験談】をご紹介しましょう。

同僚が知らない間に不倫になってしまっている……

同僚からの不倫に進展することは結構あります。
私の場合もそうでした。
会社には男女もそこそこの人数がいます。

そして忘年会だったか新年会だったか忘れたのですが、寒い時期の会社のイベントの飲み会で隣り合わせの席になって、初めてみっちりと話をしました。
じっくり話をすると、話しがはずんで良い感じになったのです。

それをきっかけにして、ちょこちょこ二人で飲みに行くような関係になりました。

二人の場合もあったし、他の同僚がいる場合もありました。
あくまでも会社での付き合い・同僚の付き合いの範囲で遊んでいたわけです。

男女の仲なんて突然、ふっとしたことで切れてしまうこともあります。

彼女には彼氏がいることは知っていたのです。
でも、どうやら彼氏との関係があまり上手くいっていないようでした。

話をきいてみると彼氏さんのほうが浮気をしたらしいです。
とっても悔しがっていたわけです。
失恋というよりも、彼女のプライドが強く傷つけられたことが問題だったのです。

そして、やけ酒に付き合うことになりました。

私自身もお酒を飲むことは好きでしたので付き合っていました。
その日は確かにやけ酒でしたが、妙にお酒を飲むペースが速かったですね。
最初は私の方も特に気にすることはなかったです。
しなしながら、淋しさからなのかもしれません。
次第にお酒が入るに従ってスキンシップというかボディータッチが多く激しくなってきたのです。

私の方も結構、触ったりしていました。

彼女は抵抗するでもなかったです。
そのとき気がついたのですが、彼女の身体は結構「良いもの」を持っていたのです。
バストもウエストもヒップも……

それで私も、もう止まらない状態になってきたわけです。

正直に言いますと欲情していたのでしょう。
そのお店のトイレでかなり激しいペッティングと濃厚ディープキスをしました。
そんな楽しい思いがあって「お店を変えよう……」という展開になりました。

お店というよりもホテルですね。

タクシーでホテルまで行って、あとは合体するだけでした。
お酒の勢いもあったのでしょう。
そして悔しい思いもあったのでしょう。
かなり激しいセックスでお互いの身体を求め合いました。

次の日、正気になったとき彼女は「やっちゃった」と複雑な表情を見せていました。
でも私はまだまだやる気満々ですからモーニングセックスも楽しみました。

これをキッカケに二人は不倫関係になったのです。

それまでは同僚という関係でしたが、一日のことでまったくもっと深い関係になりました。

でも不倫関係が会社の他の人達にバレるとヤバいです。
その危険な雰囲気が二人を興奮させているのです。
長く続く関係ではないと思いますが、しばらくは不倫関係を楽しみたいと思っています。

近頃はラブラブすぎる特濃セックスでも、いろいろなプレイをすることになってきています。

ホテルだけではなくて、旅行に行って羞恥露出プレイなども楽しんでいます。
貸切露天風呂でのセックスはとても興奮します。
ふたりでアダルトビデオを見ながら同じようなプレイをすることもあります。
どちらもセックス依存症なのでしょうか?
それともセックスの相性がいいのかもしれません。

恋愛感情がまったくないことでもありません。

しかしながら、恋人同士という感覚ではないのです。
基本的には同僚という関係がベースです。
言ってみればセックスもする同僚なのです。
こんな都合の良い関係を暫くは楽しみたいと思っています。

もっと不倫エピソードを読む» 不倫サイト

Read more

私は居酒屋に長年働いていて、この度店長になりました。店長といっても、とある居酒屋チェーン店の店長であり、その上には本部がいます。毎日本部とのやりとりに頭を悩ましてもいます。

それでも、やりがいがある楽しくやっています。それが、エッチな体験談に結び付くとは思っていませんでした。

バイトでは女の子も多い

やっぱり居酒屋だとバイトも若い男の子、女の子が中心となります。うちでは若い女の子も多いです。接客業なので元気よくみんな働いています。

営業が終わるのは深夜2時なので、それから片付けとなり、3時すぎに終わるこがほとんどです。時々は終わったあとに、バイトの子たちと軽く飲んだりもしていました。

その日も仕事終わりに飲んでいたら

その日も仕事の片付けが済んで、数名のバイトと、飲んでいました。そのうち、1人帰り、2人帰りとなり、最後は女の子が残っていました。

「店長は彼女いるですか」とその女の子からの質問が飛んできました。最近別れたはかりでした。

「さみしくないですかぁ」とグラスを持って私の隣へときます。

「寂しくはないよ」と返事しました。本部とのやりとりや売り上げが気になって、あまり寂しさを感じてはいなかったのが本音です。本部からも起こられていました。

「性欲はどうしてるんですかぁ」

明らかによっているだろうと愛想笑いをしていたら、私の手をとって、むねに押し付けます。

正直タイプではなくて、ぼっちゃりしている女の子でした。

さらに一言「遊んでみませんか」

おもわず、その一言に理性もぶっ飛んでしまいました。女の子の制服の上を脱がすと、大きなおっぱいがでてきて、それにむしゃぶりつきました。

ちいさく、あっと声を出してきました。ざしきだったので、そのまま女の子を畳の上に横にさせると、制服の下をおろします。意外に黒のセクシーな下着でした。下着の上からペロペロとなめると、ますます、あっあっという声が大きくなってきます。

「ねぇオマンコ直接なめてよ」

そんなことまで言い出してきます。ならばと、下着をずらして、横からなめるももう愛液も垂れまくりです。もちろん手マンをすると、自分から腰をふる始末です。

ぽっちゃりしていて特別可愛いというわけではありませんが、そこそこ男性経験も多いのかなと思っていました。

すると、「店長、交代」といってきて、私の服を脱がし始めます。

そして、キスもし始めました。ねちっこく舌をからませてきて、チュバチュバと音を立ててきます。また手はいつのか私の乳首をこりこりしはじめています。そうするとだんだんと舌を這わせながら、乳首を舐めてきます。頼んでもないのにと思うとさらに、勃起し始めました。

「乳首さわりながらシコシコしていいかな」との問いに断れるはずはありません。

舐めながらのしこしこされると、あとは、フェラです。まるで飲み物を飲むかのようにジュルジュルと音を立てます。音を立てるのがこの子のテクニックでした。

「そろそろ入れるね」と自分から騎乗位で私の男根をオマンコにいれると腰を振り始めます。それから、バックに移るとますます、声もおおきくなります。女の子がいや、いや言い出してきて、とうとう「いっちゃう、いっちゃう」といったのでした。それからは正常位でもいやいやと連発していってしまうのです。

若い女の子のいやぁと言う声を聞いて、私の男根もますます、固くなります。最後はそのまま、彼女の中に出しました。

もちろん、そのときもいやぁという声とともにです。中だしのことはおもわず、謝りましたが大丈夫と許してくれました。

最後に

それからというもの、片付けあとに飲んでは、その女の子とセックスを繰り返しています。

そのせいで帰りもおそくなりました。本部には片付けや売上集計のための残業と称して、残業代をもらっています。本当はセックス残業です。

Read more